toggle

講師紹介

私立医学部_数学担当_高瀬数学担当:髙瀬仁宏
1980年2月16日東京都生まれ。(216は6の3乗かつ72°の3倍という神数字!)
子供の頃から数字と野球とサッカーが大好きで、中学時代は東京都大会ベスト4を経験(ベンチ) 大好きな数学と野球が出来る中高数学教員を志す。
大学時代から大手予備校講師として教壇に立ち、大学卒業後は、都内で超名門進学校の教壇にも立つが、女子校だったため野球の指導は出来ず。
色々な土地で様々なレベルの学生と出会える事と、常に向上心を持って仕事が出来る事に魅力を感じ、現在の職に至る。
出会った学生の学力だけでなく、1人の人間として 成長させることを目標に教壇に立つ日々。

 

 

私立医学部_英語担当_平山
英語担当:平山誠
1970年12月1日生まれ。
都立高校を卒業後、いったんは某私立大学に進学するも、前期で中退。
その後2年間、塾講師のアルバイトをしながら「乱れた生活」を送る。
そんななか、二十歳になってやっと「俺ってアホだな」と気づき、留学を決意し渡米。
人生初めて勉学に明け暮れ、サンフランシスコ州立大学を25歳で卒業し、帰国。
大学院に進学し、学費捻出のために「バイト感覚」で予備校講師を始める。
そこで遭遇した他講師たちのクレイジーなライフスタイルと、予備校講師という仕事の面白さに衝撃を受け、今に至る。
「ネイティブ感覚では・・・」といった詐欺的な教授法を嫌い、
生使える「真っ当な英語力」を伝授し、「生きることは基本的に楽しい」を体現すべく、日々授業に臨む。

 

 

私立医学部_化学担当_首藤
化学担当:首藤大貴
1992年10月19日生まれ。現在27歳。
大分県で自然と共に育ち、高校まで野球部に所属。(高校の野球部では、2009年春のセンバツ甲子園出場。)
大学より上京し、生活と学費を稼ぐため、アルバイトで塾講師を始める。
そのまま講師業の楽しさに魅了され、大学卒業とともに23歳の若さで大手予備校の採用試験に合格し、予備校界へ。
1年目より、異例の早さで、日本中から国立医学部志望者が集まる市谷校舎に出講し、高3生を1クラスで100名ほど集めたり、最近では講習会で締め切りを複数出している。
「きちんとわかるから、どんな問題もできる」という信念で、日々熱い授業を行う、勢いのある若手講師である。