toggle

英語(平山)-プリント

平山誠渾身のプリント達です。無料配布プリントはご自由にダウンロードしてお使い下さい。クオリティの高さに感動しましたら、有料プリントの方もよろしくお願いします。

 

無料配布プリント

001 『速単“読み込み”マニュアル』
単語帳は「詰め込み系」と「読み込み系」の二種類を用意してください。
「詰め込み系」単語帳はメジャーなものなら何でもいいので、とにかく一冊を完璧にすればよいです。
そしてもう一方の「読み込み系」の単語学習のやり方を詳しく解説するプリント。
001 速単“読み込み”マニュアル

002 『論理SIGNAL集 ver.7.2』
英文読解とは「長文を読んで、論理構造を把握し、素早く主張をつかむ」ことです。
そのために必要不可欠な道具が“論理シグナル”です。
(“ディスコースマーカー”とも呼ばれます)。
論理シグナルを「逆接」「譲歩」「順接」「言い換え」「主張語」「付加・列挙」の6つのグループにシンプルに分類した一覧表です。
今後、読解問題に取り組むときには必ずこのシグナル集を傍らに置いて、英文中にシグナルが登場したらマーカーでチェックを入れてください。
なお、解りやすくするために各シグナルに訳語を付けましたが、シグナルは訳語はあまり重要ではありません。
そのシグナルが6つの分類のうちのどれに属するのかと、そのシグナルの品詞を英文に登場するごとに覚えていってください。
(最下部に「品詞分け」もしてあります)。
002 論理SIGNAL集 ver.7.2

003 『自由英作文ヒライティングフォーマット』
自由英作文を書くときの“型”です。
どんな問題でも常に同じ“型”で書くことが時間短縮とミスのない解答につながります。
制限語数によって、「シンプルバージョン」と「語数稼ぎバージョン」を用意しました。
003 自由英作文ヒライティングフォーマット

004 『品詞のルール』
英語はすべて4品詞!4品詞それぞれの用法と、4品詞以外の品詞がいかにして4品詞に“集約”されるのかを解説。
004 品詞のルール

005 『前置詞リスト77』
005 前置詞リスト77

006 『接続詞リスト55』
いわゆる“スラッシュリーディング”の基本は「前置詞・接続詞の前でスラッシュ」です。
これだけで英文の大部分は読めます。
ただし、そのためには前置詞と接続詞を知らなければなりません。
そこで、英語のすべての前置詞と接続詞のリストを提供します。
いずれも、誰でも知っているべき「基本レベル」から「普通」「マイナー」「超マイナー」と段階分けしてあるので、「基本」と「普通」はまず常識としておさえましょう。
006 接続詞リスト55

007 『“豆プリン”目的語に不定詞?動名詞?』
「目的語に動名詞のみをとる動詞」の語呂合わせは古くから予備校業界に存在しました。
一方、「目的語に不定詞のみをとる動詞」の語呂合わせはこの業界に存在しなかった・・・
そこで!どちらも一晩で入試に必要な動詞をすべて覚えられるという業界初の企画!
007 “豆プリン”目的語に不定詞?動名詞?

008 『フォニックス一覧 綴りと発音の法則』
“発声できない語は覚えられない”は英語教育学の基本。
アルファベットを見て、とにかく“それらしく”発声できるかどうか重要です(「正しい」発音であるかは重要ではない)。
そのアルファベットを音にする法則がフォニックスです。
008 フォニックス一覧 綴りと発音の法則

009 『発音記号の読み方』
発音記号は基本的には“ローマ字読み”すればよいが、アルファベットにない記号もあります。
それらの読み方と“ローマ字読み”の例外を解説。
さらに、発音記号から、その記号が表す単語を書き取る演習問題付き。
009 発音記号の読み方

010~016 『速読英単語必修編スラッシュシート』
必修編の全長文にスラッシュを入れましたので、音読練習に活用してください。
スラッシュだけではなく、構造が複雑な文についてはSやV、修飾関係を示す矢印、SV以外の主述関係、andが結ぶAとBなどの書き込みも入れてあります。
010 速読英単語必修編スラッシュシート1~10

011 速読英単語必修編スラッシュシート11~20

012 速読英単語必修編スラッシュシート21~30

013 速読英単語必修編スラッシュシート31~40

014 速読英単語必修編スラッシュシート41~50

015 速読英単語必修編スラッシュシート51~60

016 速読英単語必修編スラッシュシート61~70

有料配布プリント

有料プリント購入希望の方は、問い合わせから購入希望のプリント3桁の番号を問い合わせフォームにご記入下さい。100番台1部につき100円、200番台1部につき200円になります。問い合わせはこちら

101 『語形で覚える英単語:接頭語・接尾語・語幹リスト』
“inconspicuous”という単語の意味を知ってますか?
知っている必要はありません。
「in- 否定」「con- 完全に」「spic 見る」「-ous 性質」という語形から、「完全に見えるようなものではない」と容易に推測でき、
「目立たない」という訳語がわかります。
漢字を部首から覚えるのと同じで、なかなか覚えられない英単語も、“語形”がわかればすぐに覚えられることが多々あります。
知らない英単語の多くも“語形”から類推できます。
この教材はそうした英単語学習を効率化する語形の完全リストですが、
「単語力が一気に十倍増える最重要接頭語・接尾語」マークや「医学系・理学系単語によく使われる接頭語・接尾語」マークも入っていますので、
自分に必要なものから覚えていくという使い方もできます。全14ページ

102 『医療系単語300』
医学部英語や難関理系英語の長文を速く正確に読むために、専門的な語彙は不可欠です。
「こんな難しい単語は覚えなくても類推できる」とか「こんな専門的な用語には注が付くはずだ」などとよく言われますが、
“類推”するにも“注”を読むのさえも時間がかかります。
試験は時間との勝負ですから、いちいち立ち止まらずに英文を一気に読み進めて内容を正確に理解し、解答を出すために“考える時間”を十分に確保すべきです。
そのために、医療系単語を詰め込んでおきましょう!
様々な病名、臓器名、体内組織、医学にまつわる社会問題用語、科学的論文用語を300語あまり一挙掲載!全6ページ

103 『最重要会話表現234』
「こんにちは」は”How are you?”だけではありません。
この教材では「こんにちは。調子はどう?」に8つのよく使われる表現を掲載しました。
大学入試における会話問題では、根本的に論理把握力が問われています。
しかしながら、最低限の会話表現を記憶していないと、せっかく論理的に推測して文脈を把握しても正解できない場合があります。
例えば、パーティーに招待され、「出席します」という返答が文脈から推測できたとします。
もし選択肢に”OK!”などがあれば容易に選べますが、””Why not?(いいよ!)”を正解に選べますか?
このように、会話問題では基本的な日常的表現の知識も要求されているのです。
そこで、入試に必要最低限の会話表現をシチュエーション別に整理しました。
異なるシチュエーションで同じ表現を使うこともありますので、繰り返し出てくる表現もあります。
まずは、左列の日本語に対する英訳を読み、一通り読み終わったら、右列の英語を隠して日本語を見て英語を発声してみてください。
すぐに言えたものはチェックボックスに?を入れ、覚えられていないものを絞り込んでいってください。全8ページ

201 『College Vocabularies』
TEAPやTOEFL対策に必須!TEAPとTOEFLでは、「日本人がアメリカの大学に留学した場合」に必要とされる英語力が問われています。
特にリスニング問題では、大学の授業を題材にするのはもちろん、出願手続きに関するやり取り、
寮でのトラブル、アドバイザーとの専攻についての相談など、留学にまつわるあらゆる状況から出題されます。
そこで、「大学制度」、「出願関係」、「学期・単位制度」、「キャンパスライフ」、「授業や課題」などテーマ別に重要語句を掲載しました。
ただ見出し語に訳語をあてるだけでなく、すべての見出し語に英語の定義文を付けましたので、
内容を理解しながら重要語句を記憶してけるようにデザインされています。
この教材の使い方については表紙に詳しい説明がありますので、その手順に従って学習してください
(赤チェックシートを用意するのがオススメです)。全28ページ

202 『中学英語重要構文222』
“英語を基礎からやり直したい”という方、中学英語を一からやり直しましょう!
中学英語マスターのコツはなんと言っても「考えるな。感じろ!」です。
中学英語でつまずく人が多い最大の原因は、教師の“教え過ぎ”です。
理屈は高校になってから学べばよく、中学レベルでは「覚えて、書いてみる」「覚えて、言ってみる」だけでよいのです。
そこで、すべての中学教科書に共通する要素を抽出した構文集を作りました。
中1レベルから中2、中3と徐々に段階を上げていき、基礎的な構文すべてを身につけるだけではなく、
222の構文に「中学レベル必須単語」すべてを盛り込みましたので、基本単語の習得にもなります。まず「チャレンジシート」の和文を自力で英作文してみてください。
単語がわからない場合も辞書は使わないでください。わからない単語の部分を空白にして書けるところだけ書いてみればよいです。
「チャレンジシート」を1ページ終えたらすぐに「暗唱シート」で答えを確認し、チャレンジの段階で完璧に書けた文は油性ペン等で“黒塗り”してください。
222番まで終わったら、“黒塗り”したもの以外をもう一度書いてみる。
書けたらまた“黒塗り”・・・これを繰り返して、「暗唱シート」が全面真っ黒になったら中学英語修了です。全35ページ